保田 真吾 医師

保田 真吾/大阪ひざ関節症クリニック院長大阪ひざ関節症クリニック院長
(医学博士・元京都大学助教授)

医師の紹介

  • 京都大学医学部、京都府立医科大学病院や関連病院で10年以上勤務。
  • 整形外科の外来対応はもちろん、人工関節置換術など、関節手術も数多く経験。
  • 医長や部長、院長代行など、現場を統括する任も務めてきた。
  • 臨床に立つ以前は研究分野でも活躍。
  • 難病解明の研究で医学博士を取得し、京都大学医学研究科の助教授として再生医学の研究にも注力。
  • 2019年より、大阪ひざ関節症クリニックの院長に就任。

読者へのメッセージ

変形性膝関節症は生命の危機に直結する病気ではありません。そのため、違和感や痛みを覚えながらも、まだ病院に行くほどではないと、放置している人は少なくないでしょう。
しかしながら、健康寿命を脅かす疾患です。
近年は治療法やその技術にも進歩が見られ、より適切な治療選択で、健康寿命を伸ばすことが可能な時代となってきました。そのためには、早期の診断と治療がとても大切になります。本サイトの情報を少しでも皆さんのお役に立てていただければと思います。

経歴

  1. 2001年 京都大学大学院 医学研究科
  2. 2007年 京都府立医科大学付属病院 医師
  3. 2008年 公益財団法人 丹後中央病院 医師
  4. 2008年 市立舞鶴市民病院 副院長・院長代行
  5. 2011年 国立病院機構 舞鶴医療センター 医長
  6. 2014年 公益財団法人 丹後中央病院 部長
  7. 2019年 大阪ひざ関節症クリニック 院長

所属学会

  • 日本整形外科学会
  • 日本リウマチ学会
  • 日本リハビリテーション医学会
  • 中部日本整形外科災害外科学会
  • 日本リウマチ財団
  • 日本透析医学会
  • 日本糖尿病学会
  • 日本糖尿病協会